日本リウマチ看護研究会

ここ数年でリウマチ医療は大きく変化し、看護師にも期待の目が向けられ、看護の質や看護師の知識技術が問われるようになっています。
そこで、私たち看護師は、2011年よりリウマチ看護師ネットワークを作り、全国のナース達の情報交換や連携を目指しました。それを発展的に研究会として発足させました。
活動にご興味のある方は是非お立ち寄り下さい。

日本リウマチ看護研究会について

リウマチ医療では、2003年から日本において生物学的製剤の使用が認可され、その即効性と持続性、関節の変形を防ぐことにおいて従来では望めなかった効果が期待できるようになっています。
そして2009年以降、リウマチの早期診断と治療が勧められるようになりました。つまり関節リウマチ患者様の発症早期からの治療と看護が重要となっているということです。
しかし、医療従事者、患者様にもその変化や必要性が理解されない例が多く存在していることも事実です。そして看護の状況もこれまでとは違い、より専門性が高い看護が必要となってきています。
看護には、独自のケアがあり、医師とは違った役割があります。現状を少しでも改善に導くために、皆で助け合いお互いを支援し合いながらより専門性を高める学習と連携をしようと有志が集まり2011年より活動を始めたのがリウマチ看護師ネットワークでした。
この度、このネットワークを研究会へと発展させ、1人でも多くのRA患者さんにより良い看護を提供することができるよう、RA看護の輪を拡げ一緒にRA看護の発展を推進していきませんか?皆様のご参加をお待ちしております。

2014年3月16日
日本リウマチ看護研究会会長 神崎初美

日本リウマチ看護研究会からのお知らせ詳しくはこちら

日本リウマチ看護研究会へのご登録について

日本リウマチ看護研究会にご興味のある方は、以下のフォームにご記入いただき送信下さい。
メンバーとなっていただきましたら、各ブロックでのRA看護研究会の推進や参加、積極的に情報交換していただけましたらと思います。その他、世話人よりメンバー宛への発信物や会のお知らせ、活動の内容などをお知らせいたします。
各地のNsと共に活動し、一人一人の負担を感じることのないよう楽しく運営しておりますので是非ご参加をお待ちしております。

  • ご登録はこちら
  • ご登録済みの方はこちらからログイン

日本リウマチ看護研究会活動紹介詳しくはこちら

  • 研究会の開始です!研究会の開始です!
  • 東広島記念病院 久典子さんの事例提供東広島記念病院 久典子さんの事例提供
  • 青森のなかざわスポーツクリニック中村千鶴子さんの事例提供青森のなかざわスポーツクリニック中村千鶴子さんの事例提供
  • 杏林大医学部付属病院の松田真紀子さんの事例提供杏林大医学部付属病院の松田真紀子さんの事例提供
  • お食事時間 皆さんで談笑お食事時間 皆さんで談笑
  • 神崎のミニレクチャー「リウマチ看護の専門性と独自性」神崎のミニレクチャー「リウマチ看護の専門性と独自性」