学術集会

2017年07月14日
学会開催
第5回日本リウマチ看護研究会 詳細プログラムのお知らせ

第5回日本リウマチ看護研究会のお知らせです。

日時:2017年7月23日12:00~17:00まで
場所:兵庫医療大学(神戸市中央区港島1-3-6)
会費:500円(印刷とお茶代)
最寄り駅:JR三ノ宮から神戸ポートライナーに乗り換えて「みなとじま」駅
もしくは、三ノ宮そごう前(歩道橋の前)からポーアイキャンパスに行くバスを利用できます。こちらを利用し、「ポーアイキャンパス東」で降りると大学前なのでとても便利です。
バス 所要時間12分、片道150円
をご覧ください。

当日は12:00開始ですが11:00ごろからスタンバイしております。
列車で来られる方は暑いので、三宮そごうデパート前のバス停から出るスクールバス(片道250円)が便利です。(所要時間15分)

時刻表は
http://www.kobegakuin.ac.jp/access/portisland_timetable.html
に掲載されています。
土日祝日用の時間割
11時台は 00、15、30、45 です。

●第一部:教育の部
12:00~14:00

特別講演:「ソーシャルワーカーによるリウマチ患者への支援」
講師:馬渡徳子 (金沢市地域包括支援センターかみあらや)
教育講演:「日本語版Lupus-Pro(SLE患者のQOL尺度)の開発と使用方法」
講師:井上満代(大阪大学大学院博士後期課程修了)

●第二部:実践の部
14:15~17:00

「リウマチ看護の実践事例報告とディスカッション」
事例1:看護師が行えるSLE患者の就労支援(杏林大学附属病院松田真紀子)
事例2:認知症を発症した関節リウマチ患者の自宅での服薬管理と社会資源の活用方法
(杏林大学附属病院松田真紀子)
事例3:退院に備え必要と思われる社会的支援を拒否する患者家族の事例
(道後温泉病院田中由紀・大西亜子)
事例4:患者にとって「VAS値ゼロ」とはどのような状態を指すのか
(金光病院浅野薫)

4事例の応募がありましたので、研究会の後半にディスカッションを行います。
当日のディスカッションを盛り上げましょう。

チラシは以下の通りです。クリックしてください。
★第5回2017RA看護研究会 チラシ 20170714バージョン

研究会へのご参加は会員でない方も大歓迎です。
参加をご希望される方は、7月21日までに、ranursing★kanzaki-nursing.jpのメールアドレス(★を@に変更してください)に、お名前、連絡先メールアドレスと電話番号を記入し送信してください。折り返しメールを返信させていただきます。

なお第3部で懇親会を行います。場所はJR三ノ宮駅すぐの場所です。
時間18:00~20:00

全国のRAnsとの交流の機会です。
是非こちらもお申し込みください。

2016年05月31日
学会開催
第4回日本リウマチ看護研究会集会 開催のお知らせ

チラシは以下の通りです。クリックしてください。
★第4回RA看護研究会チラシ

テーマ:災害とリウマチ医療連携
日時:2016年7月30日(土)13:00~17:00
場所:大阪駅直結 グランフロント大阪 北館ナレッジキャピタル(大阪市北区大深町3-1)
費用:資料代として 500円
会場の都合上、先着40名のご参加となります。お早めに以下までお申し込みください。

●第一部:講演

13:00~14:00
「災害におけるリウマチ看護と支援の方法」

14:00~15:00
「看護専門職の災害時支援・受援の方法と病院間の連携」

講師:神崎初美 (兵庫医療大学看護学部教授)

●第二部:グループディスカッション

「災害時における多職種多病院との連携の在り方について考える」
ファシリテータ:元木絵美(神戸女子大学看護学部講師)
神崎初美(兵庫医療大学看護学部教授)

●第三部:情報交換会(懇親会)

研究会は第2部で終了ですが、引き続きグランフロント内のイタリアンレストランで行う予定です。
全国のナースたちと交流するチャンスですのでぜひこちらにもお越しください。
便利の良い場所で開催いたしますので、皆様お誘いあわせの上ご参加くださいますようお願い申し上げます。

参加のお返事、お問い合わせ:
以下のリウマチ看護研究会のお問い合わせフォームにご記入頂くかまたはメールアドレスにご連絡ください。

お問い合わせフォーム

Eメール:ranursing★kanzaki-nursing.jp
(★を@に変更してください)

2015年10月21日
学会開催
日本リウマチ看護研究会主催「第30回日本臨床リウマチ学会:看護シンポジウムのご案内」

今回は、日本臨床リウマチ学会の宗圓聡会長のご支援を頂き、看護シンポジウム「病棟・外来・在宅へとつながる医療・看護の方略」をメインホールで学会2日目の8:30-10:0の枠で開催させていただけることとなりました。
看護の立場からの現状や課題、その解決策としてどのように実践しているかについて現場で活躍している演者の皆様に講演いただきます。

2015年11月22日 8:30~10:00
神戸国際会議場 第1会場 (メインホール 1F)
〒650-0046 神戸市中央区港島中町6-9-1 TEL078-302-5200

●座長
神崎初美(兵庫医療大学看護学部療養支援看護学)
三浦靖史(神戸大学大学院保健学研究科リハビリテーション科学)

●シンポジスト
北海道釧路におけるリウマチ医療連携:
田端多良子(たばたなおこ) 医療法人社団三慈会釧路三慈会病院
長崎県北部におけるリウマチ医療連携「ララサークル」:
加藤陽子 社団医療法人財団白十字会佐世保中央病院
病院と在宅をつないでいるケアマネージャーの立場から:
永坂美晴 望海在宅介護支援センター(明石市)
病院と在宅をつないでいる訪問看護師の立場から:
三原綾子訪問看護ステーションめいかい(明石市)

このシンポジウムに参加された方々が地元へ戻られ少しでもアクションを起こせるような起爆剤になりますよう運営したいと思います。

看護職の皆様はどうぞたくさんお越し下さい。
そして会場の皆様と活発な討議を行いたいと思います。お待ちしております。

チラシは拡散してください!よろしくおねがいします。
★看護シンポ20151122チラシ

|< 1234 >|